施工のタイミング

TOP >施工のタイミング

防水工事は一度やったら終わりというものではありません。建物を守るためにも、定期的な点検・工事が必要です。とはいえ、「どのタイミングで行えばいいの か分からない」という方も大勢いらっしゃいます。目安として、以下のような症状が出たら工事が必要です。できるだけ早めの施工をおすすめします。

施工のタイミングについて

防水工事のタイミング

実際に費用がかかる工事。お客様にとっていちばんいいタイミンは、 漏水一歩手前ギリギリのタイミングが有ります。 では漏水一歩手前はどんな時と判断するか・・・ 実は正確には判断することは難しいことです。 ただ、ある程度の判断は可能です。 診断を行い、常に防水の状態を把握しておくことが良いベスト時期に 改修を行うポイントです。
※防水寿命は約10~15年

いつのまにか進行する水の恐怖

防水シートのめくれや防水塗料の剥離などは、誰が見ても分かる明らかな症状。ですが、水の恐怖は見えないところを襲うもの。「まだまだ工事はしなく ても大丈夫」と油断していると、いつの間にか漏水などのトラブルが発生するということも十分に考えられます。定期的な点検・工事を行って建物を水の恐怖か ら守りましょう。
※防水工事の一般的な寿命は10~15年となっています。これを施工時期の目安にするのもいいですが、一番は定期点検を行うこと。現状をしっかり調べれば工事を行うべきタイミングを把握できるので、最適な時期で施工できるのです。

このページのトップへ